第66回京都新聞杯

枠順と騎手は次の通り

①フランツ Mデムーロ
②グローリーヴェイズ 浜中
③レノヴァール 北村友
④リシュブール 福永
⑤タニノフランケル 幸
⑥メイショウテッコン 松山
⑦ケイティクレバー 四位
⑧アドマイヤアルバ 岩田
⑨ロードアクシス 酒井学
⑩レイエスプランドル 藤岡康
⑪アルムフォルツァ 池添
⑫ユーキャンスマイル 荻野琢
⑬ステイフーリッシュ 藤岡佑
⑭アールスター 松若
⑮シャルドネゴールド Hボウマン
⑯ダブルシャープ 和田竜
⑰インターセクション 荻野極

■本命視したい3頭
◎アルメリア賞の勝ち馬フランツ
アンビシャスやアドミラブルなどここ最近のダービートライアルで有力馬を送り出す音無厩舎の一頭。前走アルメリア賞を快勝してここに駒を進めてきた。
1番枠からのデムーロの手綱捌きに注目。

〇きさらぎ賞2着馬グローリーヴェイズ
前走は前々でレースを進めたがサトノフェイバーに届かず2着。
今年はシルクレーシングの勝負服が目立っているため、こういうオカルトな点が混戦レースで発揮しそうなので対抗扱い。

ケイティクレバー
逃げ馬として押さえておきたいのがこの馬。皐月賞では控えたために持ち味を発揮できなかった印象。若駒ステークス・すみれステークスでは逃げて好結果を生み出しているため押さえておきたい一頭。

3頭のBOXで馬連で購入。